万年筆 SR-3

¥80,000 (税別)

屋久杉の中でも稀少な部位、泡瘤(あわこぶ)と呼ばれる部分で製作した万年筆です。
一部に泡瘤が入っているのではなく、全面に入っているので貴重な一本といえます。

茶褐色をベースの色として、ほんのり赤みが全体に掛かっています。
泡瘤特有の黒い斑点が広がることで、自然の美しさを際立てているようです。

ほんのりと赤みを帯びた茶色は、屋久杉の長寿の秘訣“油”が木の中から染み出した証でございます。
時代を越えて育まれてきた屋久杉の壮大な自然を感じさせてくれる一本です。

屋久杉自体が入手困難となり、更に泡瘤の素材自体も価値が高くなっていますので、今後益々貴重な一品となると思われます。

 

ペン先はドイツDAYACOM社製を使用し、太さは中字(M)を採用しております。

サイズ: 長さ14.5 cm 幅1.7 cm
商品コード:
商品カテゴリー:
お問い合わせ この商品についてお問い合わせ

【特典内容】

特典1
【期間限定】ギフト商品全品
全国一律 送料無料
お届け時間指定が可能 お届け時間指定が可能

※お急ぎの場合、午前中〜16時の指定が出来ない場合がありますので、詳しくはお問い合わせくださいませ。
プレゼント、ギフト商品については、納品書やご注文明細書などの金額の分かる書類は一切同梱しておりません。
納品書等をご希望の場合は、ご注文時の備考欄に『納品書希望』とお書き添えくださいませ。

配送業者:佐川急便、ゆうパック等
特典2
* お急ぎ便無料

こちらの商品は早い到着をご希望の方のために、即日発送サービスを適用しております。
13時までのご注文で当日発送。13時以降のご注文でも翌営業日発送できます。
(休業日の場合は翌営業日の発送となります)

特典3
* 屋久杉のメッセージカード付き
* * *

大切な方へ伝えたいメッセージを屋久杉のカードに書いて贈りましょう。
木目が一つひとつ違うので、正に世界に一つ、お客様だけのオリジナル。
香りも楽しめるメッセージカードです。

お客様の声

icon_user

孝介さん [30代・男性]

父の喜ぶ顔に、思わず涙

還暦を迎え、退職したものの友人への手紙などで筆を執ることが多いので選びました。
箱を開けた瞬間の父の喜ぶ顔に、思わず涙しそうになりました。
この感動が私たちにとって最高の宝物です。ありがとうございました。

icon_user

幸子さん [30代・女性]

手に入れられて幸運です!

70歳を迎えた主人にプレゼントしました。
パソコンなどは使わず、メモするにしても筆を使う性格なので、外出にもペンが欠かせません。
値段が少しお高めだったので不安もありましたが、大満足です。
今後益々稀少性が高くなるということで、手に入れられただけ幸運だったと思っています。
本当にありがとうございます。

icon_user

Ayaさん [30代・女性]

贈った私たちも気に入ってます

祝いの贈り物といえど、実用的なものが良いと思っていた時に、こちらの商品を知りました。
父は仕事は引退しましたがアクティブな性格で、年2~3回のペースで登山もします。
自然が好きなので、ピッタリかと思い、姉妹でプレゼントしました。
ありふれた商品とは違って、個性があるので私達も大変気に入っています。

icon_user

拓也さん [30代・男性]

輝きがとっても不思議で魅力的です

世界に一つの贈り物という事と、長寿屋久杉という言葉が気に入って購入しました。
キラキラ光る虎杢というものを買ったのですが、本当に不思議ですね。
見る角度?によって、全く違うように見えて、とても綺麗です。
書き心地も良く、祖父も愛用してくれているようです。

icon_user

陽子さん [30代・男性]

世界に一つだけの贈り物に主人も喜んでます

古稀祝いをしなかったのと、米寿(80歳)を迎えた時にお祝いしてあげられるか不安だったので、 77歳の喜寿を機にプレゼントしようと思い購入しました。
こちらの商品は娘に探してもらったのがきっかけでした。
漠然と、“特別なもの”を探していて、普段から書きものをよくする主人にぴったりと思い、娘と相談して決めました。
包装まで綺麗にして頂き、ありがとうございました。 主人も本当に喜んでいました。

icon_user

大輔さん [30代・男性]

我が家の家宝になりました!

60を迎えても元気な父に、日ごろから使えるものとして購入しました。 木の独特な柄と金やシルバーの金具が綺麗で、家宝にするというぐらい気に入ってくれています。 今度、屋久島登山にも行くそうです! 素敵な商品をありがとうございました。

icon_user

直樹さん [40代・男性]

実用性も兼ね揃えた贈り物です

70になっても会社に顔を出すのは変わらず、積極的に色んな人と会ってます。
ちょっとした時に使える、実用性があるギフトということで万年筆を選びました。
他のサイトで見た時計とも悩んだのですが、一生ものという事と全て世界に一つという点が決め手です。
母と私と妹で贈ったのですが、渡した瞬間の嬉しそうな表情は一生忘れません。
いずれは自分に返ってくると期待しています(笑)

お熨斗、梱包、包装について

熨斗

⑴熨斗の有無をお選び頂けます
⑵熨斗の表書き、名入れに加えたい文字を自由にお選び頂けます
※カート内にてご選択、ご指定くださいませ
※熨斗と水引はセットでお届けしております

熨斗の写真 表書き お名前

全ての商品は国産の桐箱でお包みしております

国産の桐材にこだわり、東北で製作しています。
大切なお客様に喜んで頂けるよう、手作業で丁寧にお作りしています。
包装紙をご希望のお客様はカート画面にてご選択頂くか備考欄にてお知らせくださいませ。

桐箱中身 桐箱

使用方法

*

1. 蓋を外して、胴を矢印の方向に回し、ネジをゆるめて外します。

*

2. インクカートリッジをペン先に真っ直ぐ差し込みます。

*

3. しばらくお待ちいただくと筆記可能な状態になります。

メンテナンス方法

首軸の洗浄方法
・万年筆のカートリッジを取り外し、首軸だけを綺麗な水で洗い、入念に乾かしてください。
・ペンの外側のパーツは、乾いたら柔らかい布で水を拭き取ってください。
・洗剤などは使用せず、錆を防ぐため必ず水分を拭き取るようにお願いいたします。

※万年筆を最高の状態で使用するためには、約3ヶ月ごとに、また下記の場合には、洗浄することをおすすめしています。
・インクが乾いてしまった場合(しばらく未使用だった)
・インクの色を変える場合
・インクの出方は不規則な場合

*

1. 万年筆のカートリッジを取り外してください

*

2. 首軸だけを綺麗な水で洗ってください。ひと晩ほど浸ける

*

3. 柔らかい布で水を拭き取ってください

注意事項

1.高温乾燥を避けて保管し、損傷を与える可能性のある製品(アルコール,接着剤,アセトン,マニキュア等)に触れないようご注意ください。
2.飛行機で移動される場合には、新しいカートリッジまたはインクを補充したばかりのコンバーターを装着し、インクが漏れないようにペン先を上に向けておくことをお勧めします。
3.筆記具のキャップを口に入れないでください。喉に詰まる恐れがあります。

よくある質問

Q1. 商品は何日で届きますか?

発送後1~5日後にお客様の元へ到着予定です。
13時までにご入金確認できたご注文については、即日発送させて頂きます。
13時以降のご注文及びご入金確認できた商品については、翌営業日の発送となります。
※一部離島、地域の場合は目安より遅れる可能性があります。
※交通事情、天候、その他の事情により目安より遅れる可能性がございます。予めご了承ください。
お盆、年末年始などの連休後は、注文が込み合うことが予想されますので、発送が上記より遅れる場合がございます。

Q2. 長寿祝いではないですが購入できますか?

熨斗や水引無しでもご用意できますので、長寿祝い以外でもご購入いただけます。
退職記念や結婚記念日などの贈り物にもご利用いただけます。

Q3. 注文明細書を同梱しないで欲しいのですが...

贈り物の商品については、金額等が分かる明細書を同封しておりませんのでご安心ください。
必要な方は備考欄にてお申し付け頂ければ郵送差し上げます。

Q4. 注文後、キャンセルはできますか?

ご注文内容の変更やキャンセルの場合は、早急にメールもしくはお電話にてご連絡ください。
既に発送済みの商品については原則キャンセルができませんので、予めご了承ください。
万が一、郵送後のお客様都合によるキャンセルの場合は、返送費用等をご請求させていただくことがございます。

Q5. 配達日の日時は指定できますか?

配達日・時間帯のご希望は、カートページにて承っております。
なお、お急ぎの場合は備考欄に「お急ぎ便希望」と入力ください。最短でのお届けとなります。

Q6. 商品の交換・返品はできますか?

商品到着後1週間以内の商品で、配達中の事故による破損や商品に欠陥がある場合に限り、ご返品を承っております。
但し、イメージが違う等のお客様のご都合による返品は受け付けておりません。
また、お客さまから事前のご連絡がなく、イメージ違い等で商品のみ返品された場合、送料等をご請求させていただくことがございます。ご了承下さい。

Q7. 吸引式でも使用できますか?

使用可能です。その他の万年筆同様に吸引式の用途に合わせてご使用ください。

『屋久杉とは?』

屋久島で標高500mを越える山地に自生し、樹齢1,000年を超える杉を“屋久杉”と呼びます。
全国に生えるスギ科の木材と同じ素材ですが、通常の杉は500年余りが寿命と言われる中、屋久杉は2,000年を超える巨木が幾つか発見されています。
また、成長が大変遅く500年で直径40㎝にしか成長しません。日光の杉並木では360年程で150㎝を超えるものも存在しています。
大きな直径の屋久杉が、いかに珍しく貴重であるかが想像できます。
ゆっくり育つ屋久杉は材質が緻密で樹脂分が多く、腐りにくいので長生きすると考えられています。
成長は遅いのですが、スギとしては長命なので巨木になるといえるようです。

屋久杉群
屋久杉群
樹齢 約300年~500年
直径 40㎝の屋久杉
極めて屋久杉の木目
極めて緻密な屋久杉の木目

『屋久杉の歴史』

1560年頃、現在の鹿児島神宮の改築に使用されたのが記録に残る初めて伐採利用と言われています。

1587年には石田三成が薩摩藩主・島津義久に命じて屋久島島内の木材資源量の調査を行ない、屋久杉を建材として大阪に運んだとされています。

江戸時代に入り、屋久島島民の貧困を目の当たりにした儒学者・泊如竹が屋久杉伐採を島津家に献策し、
1640年頃から本格的な伐採が開始。
屋久杉は油分が多く、粘りが強い材質のため船材や屋根材などに加工され、島から出荷されていました。

1921年に入り、薩摩藩占有だった材の国有林化が認められると、伐採は更に本格化。
第二次大戦後の復興に多くの屋久杉が利用され、経済成長の礎となりました。
一方、伐採と同時に守る動きも活発になり経済成長が一服し輸入材の増加に伴い、

1985年には森林生態系保護地域が制定され伐採しない中枢部と、
生態系を保全しつつ利用する周辺部に分けられました。

1993年に屋久島が日本初の世界遺産に認定。同時に伐採は全面禁止となりました。
伐採自体は禁止されていますが、江戸時代に薩摩藩が伐採して島から持ち出せなかった 埋もれ木(通称,土埋木)が木材市場に競りで出土しています。
しかし、2019年3月に競り自体も全面禁止となり、正に入手不可能の木材となりました。

屋久杉群
伐採後の切り株跡
極めて屋久杉の木目
搬出できなかった土埋木

『屋久杉と小杉』

樹齢1,000年以上を“屋久杉”、未満のものを“小杉”と呼びます。
江戸時代には、加工し易い真っ直ぐな屋久杉が積極的に伐採されていました。伐採された事により周辺に太陽光が降り注ぎ、新たな杉が健やかに成長しました。
これを切り株更新と言います。樹齢数百年の“小杉”の多くは、こうして誕生したものです。

“屋久杉”は、人が手を加えず自然の育みの中で誕生したものと言われています。ひしめく山の中で太陽を浴びれず成長が著しく遅く木目が詰まっているのが 特徴です。現在の“屋久杉”の多くは、凹凸が激しく利用しにくいと判断され伐採されず残っているものです。
屋久島で見る事ができる縄文杉や大王杉など有名な巨木が代表例です。

縄文杉
縄文杉
大王杉
大王杉
切り株更新
切り株更新

『杢の種類』

屋久杉は普通の杉とは異なった特徴を持っています。色が濃く、香りが強いことがまず挙げられます。
また、永く生き続けるために樹脂が多く、
普通の杉の6倍以上含まれ、腐りにくく、虫にも強いという特徴を持っています。
成長が遅いため、年輪が細かく、独特の木目や杢と呼ばれる模様を持ち合わせています。
ここでは、その杢の種類をご説明して参ります。

  • 泡瘤杢(あわこぶもく)
    泡瘤杢(あわこぶもく)

    水の気泡のように小さな渦がたくさん集まっている部分。 屋久杉の中でも大変希少で、大きなものはめったに見ることができません。樹脂が多いので重たく、赤黒い色合いのものが多いです。

  • 光明杢(こうみょうもく)
    光明杢(こうみょうもく)

    木が傷を負ったり、屈折して成長することで無理な負荷がかかることで、まっすぐに伸びない部分に、独特な光の陰影があらわれます。 光る部分を光明(こうみょう)と呼びます。

  • 虎杢(とらもく)
    虎杢(とらもく)

    規則正しい光の波が大きく、ゆらゆらと何層か合わせて光る杢を虎杢(とらもく)と呼びます。木が波打って育っていた部分が多く、泡瘤(あわこぶ)と 並んで最高級の素材です。

  • 虎瘤(とらこぶ)
    虎瘤(とらこぶ)

    虎杢が大変細かく緻密に入り、煌びやかな杢です。立体感ある雰囲気が特徴的で大変希少性が高い種類ですので滅多にお目にかかれません。

  • 油杢(あぶらもく)
    油杢(あぶらもく)

    油分が多く染み出し、褐色の光を放つ杢です。油分が多いため、通常の商品よりも重量がやや重いのも特徴です。

  • 鶉杢(うずらもく)
    鶉杢(うずらもく)

    鶉の羽の模様に似ることからこう呼ばれています。極めて緻密で、何層にも折り重なる風情は多くの人を魅了します。

  • 蓮根(れんこん)
    蓮根(れんこん)

    土埋木の繊維にそって侵食する“蓮根菌”が入ると小さな穴が開きます。これらが不均一に複数開くことで独特の表情があらわれます。

  • 笹杢(ささもく)
    笹杢(ささもく)

    笹の葉が重なったように現れる杢。若い木は単調な山形ですが、年数経過するとギザギザの模様が現れてきます。

ページ上部へ戻る
ギフト一覧へ戻る