トチ一枚板071

中央の赤みがアクセントとなり、乳白色の白太の美しさを引き立てています。

大小さまざまな縮み杢が裏表全体に広がっていますが、誇張し過ぎず優しく輝いているため全く飽きがこない一枚です。

 

木目も川の流れのように緩やかで、全体の色調も大変落ち着いているため、落ち着いた雰囲気と安定、調和を空間に導いてくれる一枚のように感じます。厳しい自然を生き抜いてきたことは間違いないですが、木が持つ優しさを体現したかのような柔らかい印象を見る人に与えてくれるでしょう。

 

 

【幅】

木表:880 – 730 – 990 (上 – 中 – 下)

木裏:900 – 840 – 1030

サイズ: 縦2320 横(裏)840~1030 (表)730~990 厚さ50 mm
商品コード:
商品カテゴリー:
お問い合わせ この商品についてお問い合わせ

【栃(トチ)について】

優雅で純白、全てを魅了する美しい輝き

真珠のような純白で美しい輝きを放つ栃には、空間を引き立てる優雅さがあります。
綺麗な長方形型よりも歪曲した形状が多いため、一瞬で注目を引きつける存在感も魅力の一つです。
インパクトを与えつつ、くどくなくスッキリとした印象は、空間調和に最適です。
空間は勿論、色絵付け皿や料理の色などを引き立てる、正に日本の銘木といえます。
和でありながら、北欧、モダン、クラシック、和モダンなど多様なシーンで愛用されています。

◆栃(トチ)材の特徴

◆栃(トチ)材の特徴

全体的に乳白色~黄白色に近い色味が拡がっています。
心材(中央)は紅色が入ったものが多く、色調によって個体差が様々です。
表面は絹糸のような光沢が全面に拡がっており、縮み杢やリップルマークといった杢が入る事で知られ、杢入りの輝きは大変美しいため高額で取り引きされます。
ものによっては経年変化に応じて、飴色が強くなるのも魅力のひとつです。

全国的に広く分布していますが、特に北陸、中部、東北には巨樹も発見されており、石川県に育つ樹齢1300年のトチノキは国指定天然記念物にも指定されています。
海外ではマロニエ(西洋トチノキ)として、パリのシャンゼリゼ通りのマロニエ並木が有名です。
素材としては加工性に優れていますが、狂いが生じやすく乾燥管理が難しい一面もあります。

【栃(トチ)の歴史】

【栃(トチ)の歴史】

栃の木の応用の歴史は古く、およそ4,000~5,500年前に遡ります。
青森県にある三内丸山遺跡では栃の実をすりつぶして食用としていた遺跡が発見されています。
他にも栃の木で仕上げた漆器が発掘されるなど、栗やオニグルミと合わせて重要な資源だったことが判明しているのです。

栃の木は、実だけではなく、花も材も有用性が高く、用途が非常に多岐にわたっています。
栃の花から作られる蜂蜜は上品な香りで、重厚なコクがあるとされ、鉄分やミネラルを豊富に含むそうです。
独特な杢目や美しい表情を持つ材は高い市場価値を持ち、国内でも屈指の人気を誇る銘木です。
公園樹、街路樹や庭木といった観賞価値も高く、栃の木は無駄にする部分がないと言われています。

また、栃の巨木や巨樹は各地で御神木として天然記念物となり、保存木の扱いを受けており、人々の守り神として寿命を全うしています。
日本文化に深く根差した、縁深い日本の銘木です。

【トチの杢の種類】

如鱗杢 トチ_縮み杢

◆縮み杢(ちぢみもく)

横広の光沢が連鎖し、光の角度に応じて反射が変わる煌びやかな杢の総称。

ページ上部へ戻る
一覧へ戻る